2004年 11月 29日
バスモデル向けの風景・・・柿生駅周辺
ここ柿生駅周辺の道路は、非常に狭隘で、その狭さはマスコミにも取り上げられるほど(危険、という意味で・・・ですが)の物のため有名な場所です。この場所は対面通行のため、交通整理の警備員さんがバスを誘導する形で通過していきます。
ご覧のように非常に魅力的な風景が日常的に繰り広げられています。
周辺の商店も雰囲気がある店が多く、モデルっぽい雰囲気をかもし出してくれています。狭いということは模型にもしやすい=小さなスペースで模型化できる風景ではないでしょうか。
このように狭い道を大きなバスが闊歩する、そんな風景には魅力を感じる方も多いことでしょう。是非私もこんな狭い道をイメージした風景を作ってみたいと思います。
b0059756_0285844.jpg

[PR]

by atbmodels | 2004-11-29 00:29 | ジオラマ参考資料


<< バスモデル向けの風景・・・越後...      バスコレの実質値段を考える >>