2005年 10月 10日
バスモデル製作は「目的」?「手段」?
こちらのブログは、ジオラマ製作や車体パーツのご紹介の他、バスモデル全般に関係するような管理人の独り言的内容なども、これまでも掲載しています。

今日の標題はちょっと?と思われる方もいらっしゃるでしょう。
普通、バスモデルを購入したり、改造して製作したり、という時には、そのモデルが好きだから、実車が好きだから、それを手元においておく、とか、好きだから、興味があるから、模型を制作するとか、模型そのものが最終的な「目的」であることが圧倒的に多いのではないでしょうか。
用は、「模型そのもの」を楽しむための模型、ということですね。

私自身も全くそうだったのですが、最近になってふと、そうではない模型に対する考え方もあるのかな~と思うようになりました。
それは模型を「実物のバスの記録手段として使う」ということです。
根本的にミニチュアというのは、すべて記録という要素を含むのではないかとも思うのですが、そうではなくて初めから「記録」を目的として模型製作をして見るというスタンスも有るような気がしてきたのです。

先日、趣味の先輩がたから、まさに宝と呼ぶにふさわしいような実車の写真を拝見させていただく機会に恵まれました。そこには、まさに私が幼児のころに乗ったことがある、でも記憶の片隅に存在するだけで、写真はおろか絵さえもない=目に見える形で何も記録を持っていいなかった、あこがれたバスの姿がありました。

その写真を見ることが出来ただけでももう食べすぎで吐き気がする!?ような感じではあったのですが、私の手元に、自らの手で、これからそれと同じ写真を撮影したりすることはもはや不可能であるのは言うまでもありません。実車もすでに廃車になってしまっています。

ただ、幸いその車の廃車直前の写真は撮っていました。したがって細部の状態も分かります。上述のように、他の方の写真ではありますが、当時の写真もあります。
そこで、この2つの情報をあわせ、自分の手で、幼い頃の憧れのバスを「記録」する方法があることに気づいたのです。「模型を作る」。

ちょっと前までは、この選択肢は恐らくありませんでした。作るとすればプラ板から全部フルスクラッチ、一から作るしかありませんでしたからそれは私の腕では到底不可能です。
ところが、ここ最近のバスモデルをめぐる大きな変化のうねりのなか、この「模型」という形の「記録」を作ることが非常に容易になったのです。模型であれば、色もあって、写真よりリアルな立体で、手元に実車の記録を残すことが出来る、これは大きなメリットです。

鉄道であれば、こうした発想はあまり出てこないでしょう。実車の写真は雑誌などで相当数入手できますから、手元に記録がある上での模型ということが多いでしょう。それに対しバスは、ちょっと前の記録ですら見つけることが困難であることは皆さんも痛感されていることでしょう。

残念ながら時間は戻ってくれません。バスにカメラを向けるという「文化」がなかった時代に戻れない以上、その時代の「記録不足」という状況は今後も続くでしょう。その穴を埋める1つの方法として「模型」をぜひ活用していきたいな~と思っています。

ただ、そこで「記録」である以上は実物に忠実でなければなりません。。。でも100%の再現はありえないわけで、「記録手段」として模型を見たり作ったりする場合は、その部分の穴埋めもできる限りしておく必要が出てきます。100%のものを作るのは本当に負担が大きいものです。でも100%の模型ではなく、80%の模型+20%の情報(文章など)という形でも、記録としては十分なのではないかと思います。情報で「実物とこの模型はここが異なる」という情報を模型とセットにしておけば、記録としてより正確なモノにすることができるのではないでしょうか。

バスの場合、記憶を頼りに模型を作るとその20%の情報ですら、掴むことが難しいこともあるでしょう。ですから、そんな時にはたとえば掲示板等を活用いただいて、自分で作られた模型を乗せていただき、「ここの部分の記憶があいまいでこのように作りましたが、実車は同だったかご存知の方いらっしゃいませんか?」という形で仲間に呼びかけてみてはいかがでしょうか。ネットをうまく使い、バスの模型と情報で「記録」を残していく、そんなバスモデルに対するスタンスも、今後はぜひ一般的になっていけばいいな~と思っています。

長くなり恐縮です。最後にご紹介するのは、私の幼い頃の憧れの車の最後のシーン。この車が新車で走っていた頃の姿を模型で再現してみようと、今改造をしている所だったりする訳です・・・
b0059756_11526.jpg

[PR]

by atbmodels | 2005-10-10 01:16 | そのほかバス関連


<< MDプリンターによるデカール印...      ブログを増設しました! >>