<   2005年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2005年 09月 21日
バスモデル製作のスタンス
今日は画像はありません・・・ごめんなさい。何となく思ったことを記してみようかな~という気分に任せて、標題の内容を少々。サイト更新も止まっていて申しわけありませんが、次回更新までもうしばらくお待ちいただければと思います。今日の中身はとても長いのに、はっきり言ってまさに余談、無駄話ですので、関心を持っていただける方だけ読み流していただければと思います。

バスモデル製作のスタンス

先日趣味仲間の方とお会いしてゆっくりお話しする機会があったのですが、その時に思ったことです。バスというジャンルに限らず、モデル全般に当てはまる話ですが、モデルを製作する前段のスタンスで、大きく分けて2つのタイプの人がいるのかな~ということを感じました。

1つは、自分が手元に置きたいモデルが明確にあって、そのモデルを完成させるために自分の持てる技術と時間を惜しむことなく注ぎ込み、試行錯誤を繰り返し、まさに入魂の1台を完成させるというパターン。それこそこの場合はベースのモデルという概念ではなく「フルスクラッチ」という方法もあるでしょう。用はスタートの段階に明確な目標があって、その目標に向かって力の限り頑張って、ひたすら手を入れていくということになります。
もう1つは、手元にあるベースになる製品を眺めつつ、「これならここをこうやっていじれば、これが出来るな~」といったように、自分の技術などの条件を計算に入れて、ゴールをまず想定してそれからさかのぼる形で手を入れる手順を考え、製作するというパターン。こちらはまずゴール=完成状態が非常に具体的に想定されていて、あくまで出来る範囲で加工をしていくということになります。

どちらがモデラーとしてより崇高であるか、と聞かれれば、間違いなく前者のような方でしょう。努力をして、他の人が持っていない、作ることが難しい『オンリーワン』を完成させる気概は非常に崇高だと思います。
それに対し後者は、「出来る範囲でプレーする」という意味で、非常に保守的というか、あまり進歩がないように見えます。ただ、実は私は確実に後者のスタンスに属するモデラーだな~と痛感しています。あくまで「出来る範囲でプレーする」ことを前提にモデルをいじっています。でも、必ずしもそれがいけないかといえばそうは思いません。前者は完成にたどり着かないこともあるのに対し、後者はほぼ確実に完成できます。私は、模型というのは過程ではなく完成に持ち込んでこそ何ぼ、という考えが根底にあるため、後者のほうが建設的に感じることもあります。

結論からすれば「ハイリスクハイリターン」「ローリスクローリターン」どちらの道を進むか、ということになるのでしょう。この辺の模型に対するスタンス、実はその人それぞれの人生観とか、生き方が結構反映されるのかな~と面白く感じた次第です。私の場合はまさにこれまでの人生「出来る範囲でプレーする」「頑張らない」「ローリスクローリターン」でやってきたつもりだったので、それが模型にも見事に当てはまっています。

でも、別にどちらがいい悪いという話をするつもりは全くありません。結論としては、どんなスタンスであれ「自分なりに趣味を楽しむことができる」人が一番の勝者だと思います。趣味の世界は「自己完結」「自己満足」でよいからこそ素敵なんですから・・・
[PR]

by atbmodels | 2005-09-21 23:59 | そのほかバス関連
2005年 09月 11日
バス「車両」のモデルとバスという「乗り物」のモデル
久しぶりになんとなく雑談っぽい内容です。

何ともつかみ所のないタイトルですが・・・今日は趣味仲間の方とじっくり久々にお話しを機会があり、そのなかでふっと思ったことがこのタイトル。

バスモデルといえば、バスの「車両」のモデルのことを一般的にはさしていますが、よくよく考えると、同じ1台のバスモデルが、「車両」のモデルと言う場合と、バスという「乗り物」のモデルという場合があるのではないかと気付きました。

バス「車両」のモデルとなれば、これは徹底的に実物の車両を「正確に」縮小したモデルがよいモデルでしょう。つまり実物車両のイミテーションを作ることが目的のモデルですので、車両の基本的な構造(尺やら屋根上機器、窓配置など)を正確に再現することが主旨になり、そこに労力をつぎ込むことになります。

それにたいして、バスという「乗り物」をモデライズする、という観点から見ると、正確に再現したいのはそのバスが「乗り物」として活躍する姿を模型という手段で手元におきたい、残したいということが主旨になって来るでしょう。そうなれば、そのバスがどんな土地で活躍し、どんなところを走っているのか、そんな「イメージ」を車両のみならず場合によっては地面を再現したジオラマまでを創り、姿を再現するといった方向に労力をつぎ込みます。車両の屋根上機器の正確な位置よりも、方向幕の表記内容の方が重要になってくる、そんな場面もこうした捕らえ方からすれば十分ありうる話です。

考えて見ますと、私も当初はどちらかというと前者の考え方でしたが、最近では後者にシフトしつつあるような気がします。模型が好きでその中でバスというジャンルに関心を持ったのか、バスが好きでその一環で模型を楽しんでいるのか、この辺が上記の内容を左右する部分なのかもしれませんね。

別にどちらがいい、悪いという話ではありません。バスモデルをいろいろな方向から眺め、それぞれが自分なりに一番楽しめる方向を見出して、その気持ちに逆らうことなく、とにかく楽しめばそれが一番であることは間違いありません。

どうもモデルというものに対しては、ついつい前者のような追求をすることが唯一の価値観にともすればなりがちな気がするのですが、多様な価値観で、多くの皆さんとバスモデルを長く楽しめればいいな~と改めて思った次第です。
[PR]

by atbmodels | 2005-09-11 00:54 | そのほかバス関連