2005年 01月 05日
方向幕ステッカーの元データ
さて、今日最後の投稿は、皆様から多くのご質問などをいただき、関心の向きが多いと思われる、バスモデル向けの方向幕ステッカーを作る際に使う元データをお目にかけようと思います。

なかなか上手く出来ないのですが・・・というご相談も多くいただき、サイトの方にも詳細な制作方法をアップしてあります。

http://atbmodels.pobox.jp/thebuscollection-new-howto-1.htm
ただ、ご質問を頂いても、私もなかなか「ここをこうしたら~」という的確なアドバイスがしにくく、なかなかお役に立てないことが多いです。
というのも、何せ非常に小さなステッカーを精密に出力するためには、1、プリンターの性能2、出力するシートの素材と厚み 3、印字の際のプリンタ各種詳細設定 4、元データの精度 5、出力するステッカーシートの裏打ちの素材の種類・・・と、さまざまな極めて細かい要素がバランスよくそろったコンディションでなければ満足な仕上がりにはなりません。ですので、そのどこに問題があってきれいな出力が出来ていないのかということを特定するのは非常に難しいのです。

そこで、今回は元データをこちらに掲載してみて、これを使って試し刷りをしていただければ、上手くいかない原因がデータの作成にあるのか、それ以外なのかということが特定できるのではないかと思い掲載しています。(このデータをお使いになるのはあくまで個人的な目的使用に限ってください。)

b0059756_2354239.jpg
b0059756_2354253.jpg
b0059756_23544197.jpg


画像をクリックすると原寸大に表示されますが、その大きさに驚いた方もいるかも知れません。私が製作しているステッカーの元データはおおむねこのぐらいの大きさ、仕上がりです。とりあえず実物の幕を撮影した画像を、このぐらいの大きさのまま処理していきます。画像処理ソフトで文字を鮮明に出し、カラーを色ごとにベタ塗りするといった作業をします。

そしてこのデータを、エクセルに図として挿入します。挿入するシートはあらかじめファイル→ページ設定→ページの順で拡大縮小印刷を選び、縮小10%に設定しておきます。その後、挿入した図のサイズを小さくしてあげるわけです。目安としては前幕であれば、幅はおおむね10.4センチぐらい、側幕はおおむね幅5.8センチぐらい、リア幕は幅おおむね6.3センチにすると150分の1にちょうどの大きさで出力されます。

これを印刷してみて下さい。このデータを最高の条件で印刷すればきれいに幕が読み取れるはずです。これまでうまくいっていなかったものが上手くいけばデータの作り方に問題があったことになりますし、引き続きよくないようであれば、プリンターやシートに問題があることになります。

ちなみに私がcanon pixus950iで出力した場合は、画像の側幕の実に難解な表記も、15倍ルーペで覗けばすべても字が判読できるレベルになりました。

みなさんも色々と工夫されて、自分だけの最高の1台を物にしてください!何かのお役に立てば幸いです。
[PR]

# by atbmodels | 2005-01-05 00:07 | 方向幕など車体パーツ
2004年 12月 15日
東急バス梶が谷折返所
最近いくつかの折り返し所の風景を掲載しましたが、今日はその続きということで、東急バス梶が谷駅の折返所の画像をご紹介します。

実に「何もない」という印象の地味な折返所です。とはいうものの、ご覧の通り入口と出口が別で、地形的には盛り土がされたうえにあるので、バスモデルジオラマ製作には比較的向いている折返所【地形的には変化があり、作業的にはあまり作るものがなくてラクという意味で】かも知れません。

とご紹介したこの折返所、昨日でその役目を隣に新設されたロータリーに役目を譲り、今日からは使用されなくなってしまいました。全体的にこうした折返所は減少傾向にあり、モデルの世界で車両と同様保存しておきたいスペースです。

そんな惜別の意味も込めて、掲載してみました。

b0059756_23545234.jpg
b0059756_2355696.jpg

[PR]

# by atbmodels | 2004-12-15 23:54 | ジオラマ参考資料
2004年 12月 12日
金銭と欲求のジレンマ・・・
今日は久しぶりにテキストのみの投稿です。なんだか愚痴っぽい話ではあるのですが・・・

恐らく模型を趣味とする人のうちほとんどの人が共有する悩み(であると信じたい!?)のが標題のお悩みではないでしょうか?金銭と欲求のジレンマ。
私もこの趣味に足を突っ込んでからというものこの悩みが解決したことは1度たりともありません。

こんな道楽亭主がいるおかげでいつでもわが家は自転車操業なわけですが、年末はやはり色々と出費がかさみます。
そんな時に限って、思わぬ出費が追い討ちをかけます。突然ATB MODELSをおかせてもらっているレンタルサーバーの会社から封書が・・・すっかり忘れていたのですが、使用料金の支払いだそうで・・・

そんな急に言われても~とはいえすっかり忘れていたわたくしが悪いんですよね。でも既にすっからかんの財布からこの代金を捻出しろといわれてもない袖はふれません。しかしわが家の大蔵大臣はそんなに寛容なはずもなく、超緊縮財政です。

だからといってまさかそんなみっともない!理由でサイト閉めるってわけにも行きませんし~

なので、本当にイヤだったのですが最後の手段でやむを得ずバスモデル製品をオークションに売りに出すことに(大泣)。

これを落札してくださる方がいらっしゃれば、もれなくATB MODELSサイト維持費に充当させていただきますので、これかな~という出品を見つけたら、是非ご入札いただければと・・・

今日はなんとも情けないお話でした。宝くじ当たらないかな~買っても当たらない、買わないと当たらない~

でも、このサイトをやっているおかげで、本当に多くのすばらしい仲間との出会いや交流が生まれました。これだけで、やはりサイトは細く長く続けていく十分すぎる動機になります。お金で買えない価値があるとはまさにこのことです。でも、お金はある程度必要であると痛感したりもしています・・・難しいですね、本当に。
[PR]

# by atbmodels | 2004-12-12 23:30 | ジオラマ参考資料
2004年 12月 11日
バスモデル向けの風景・・・臨港バス綱島駅
こちらもまるで模型を作るために設置されているような折り返し所だな~と思い撮影しておいた、臨港バス綱島駅折り返し所。周辺道路も強烈に狭いのですが、この折り返し所はバス1台が入るのがやっとのスペースに、定期券発売所やプラットホームまで設置されている本格派。ビルの谷間にひっそりと、しかし強烈な「バスらしい香り」を発して佇んでいます。

これなら本当にコンパクトなスペースで、非常に物語のある風景を再現できそうです。

b0059756_9442927.jpg
b0059756_9444680.jpg

[PR]

# by atbmodels | 2004-12-11 09:44 | ジオラマ参考資料
2004年 12月 11日
バスモデル向けの風景・・・東急バス下田住宅
最近はバスモデル車両製作ばかりしていますが、本当はそれらのバスを飾る「地面」もいい加減新作を作らないと、せっかく作ったバスたちもかわいそうだな~と思っています。とはいえ次から次へ作りたいな~という車が出てきてしまい、なかなか着手できずにいます。

色々と下準備はしていまして、作ってみたい風景はちょこちょこ撮影したりしてネタは仕込んでいるのですが、完成はいつになることやら・・・

ということで、製作がしばらく先になってしまいそうなので、風景の写真を「ネタバレ!?」にはなってしまうのですが、こちらで先に数点公開することにしました。

こちらは東急バスのサンヴァリエ日吉終点の風景です。以前は下田住宅という名称でした。
バス2台分が停車できるコンパクトな折り返し所ですが、モデル化するには実にちょうどいいサイズです。この付近は周辺の道路状況も非常に悪く、画面奥のフェンスの向こうは急な下り坂になっており、崖の縁にへばりつくように設置されている折り返し所です。そういった地形もモデル化には非常に向いてます。ちなみに2枚目の画像の左端に写っている建物は交番ですが、隣接の施設もモデル化にはうってつけといえるでしょう。

b0059756_924783.jpg
b0059756_9242528.jpg

[PR]

# by atbmodels | 2004-12-11 09:23 | ジオラマ参考資料
2004年 12月 11日
バスモデル向けの風景・・・越後柏崎観光 野田
今日はようやくバスコレ改造品の記事をサイトにアップしました。お待たせしました。

で、こちらのほうにはバスのいる風景の画像を1枚。越後柏崎観光バスの柏崎駅~野田間の路線の、野田の折り返し風景です。

地面は未舗装ですし、別に何か施設があるわけではありません。でも、この真夏の暑い日差しと、心地のよい日陰を作る見事な大木、そしてその下におかれた年季の入ったベンチ・・・そしてそこに佇むバス。とても心和むステキな風景でした。大きな木とたった一つの何気なく置かれたベンチが、さまざまな物語を連想させてくれます。

とても「バスらしい」真夏のひとコマ、是非モデルの世界でも再現してみたいですね。
b0059756_0514346.jpg

[PR]

# by atbmodels | 2004-12-11 00:51 | ジオラマ参考資料
2004年 11月 29日
バスモデル向けの風景・・・柿生駅周辺
ここ柿生駅周辺の道路は、非常に狭隘で、その狭さはマスコミにも取り上げられるほど(危険、という意味で・・・ですが)の物のため有名な場所です。この場所は対面通行のため、交通整理の警備員さんがバスを誘導する形で通過していきます。
ご覧のように非常に魅力的な風景が日常的に繰り広げられています。
周辺の商店も雰囲気がある店が多く、モデルっぽい雰囲気をかもし出してくれています。狭いということは模型にもしやすい=小さなスペースで模型化できる風景ではないでしょうか。
このように狭い道を大きなバスが闊歩する、そんな風景には魅力を感じる方も多いことでしょう。是非私もこんな狭い道をイメージした風景を作ってみたいと思います。
b0059756_0285844.jpg

[PR]

# by atbmodels | 2004-11-29 00:29 | ジオラマ参考資料
2004年 11月 25日
バスコレの実質値段を考える
今日は、たまには志向を変えて、管理人の独り言的な内容もいいかな~と思い、何となく標題の内容を掲載してみました。

トミーテックのバスコレクション、1台360円税抜きという、それまでのバスモデル業界の常識を打ち破る低価格で登場し、バスモデルの裾野やユーザー層を一気に拡大してくれたことは間違いないでしょう。この低価格ゆえに台数をそろえることも出来ますし、改造なども気軽にトライしやすくなりました。

ところが、この低価格ゆえの新たな課題もあるように思います。その1つが「改造向けのパーツの価格の方が高くついてしまう」という点です。鉄道模型などでは部品単価が車両本体価格を上回ることは余りありませんが、バスコレの場合は、バスというまだまだ市場の狭い業界ですので改造パーツも数が出ないために単価が高くなり、しかしバスコレ本体の価格が安いのでパーツのほうが高くなってしまう・・・こうした現象は止むを得ない側面があるとはいえ、心情的にはなんとなく引っかかる、もったいないなあ・・・というような印象が無きにしも非ずです。

ただ、ちょっと落ち着いて考えて見ますと、バスコレの低価格は「ブラインドパッケージ」という販売方法に裏打ちされた大量流通あって実現したものです。ということは、実は自分が本当に欲しい車両を入手するためにかけているコストは、1台360円ということはほぼありえないんですね。正直自分にとっては不要なアイテムもたくさん出てきてしまい、交換などをしても色々と送料など付随的なコストもかかります。それこそ自分が欲しい種類のバスが12種中1種、などという事態になれば、その1種をかき集めるコストを冷静に考えると相当な金額になるはずです。

何となくではありますが、私などでも、欲しい1台を入手するまでに、実質2台分程度のコストはかかっているような気がします。すると1台の価格は720円。

こう考えれば、改造パーツなどの価格もあながち高いとも思えなくなってきます。なんだかんだ言って納得のいく改造をし、完成させれば塗料代なども含め1000円程度はかかっている計算になるかもしれません。

やはり、売値が安いバスコレクションも、それなりに本格的に楽しもうとすれば、「模型的な」費用が掛かってくるものです。
[PR]

# by atbmodels | 2004-11-25 23:32 | そのほかバス関連
2004年 11月 25日
ニューエアロスターの冷房ユニット
東京などではこうした角度でバス撮影をできることも結構あります。
色々な角度からの資料を残しておきますと、思わぬときに役に立ったりするものです。
b0059756_23174398.jpg

[PR]

# by atbmodels | 2004-11-25 23:18 | 方向幕など車体パーツ
2004年 11月 22日
バスモデル改造もラクじゃない!?
ATB MODELSでは、それなりの台数のバスモデル改造車をご紹介していますが、更新頻度があまり高くない点は申し訳なく思っています。
で、バスモデル作りをサボっているかといえば、その逆で、結構なペースで製作はしています。ただ、出来てしまえば忘れてしまうのですが、完成に持ち込むまでには意外と多くの工程と日数、時間がかかります。

まずタネ車の塗装をIPAを使って落とすのに半日程度かかります。その後車体に手を加えないとしても、ベース色塗装、デカール製作、デカール転写、クリアー塗装、細部色いれ、窓ガラス色入れ、ステッカー製作、ステッカー貼り付けと、非常に多くの工程があります。厄介なのは塗装については天気のよい湿度の低い日しか基本的には出来ないため、天候によって工作の進行が左右される点です。今年のように天候不順が続きますとどんどん工程は後ろに下がってしまいます。

さらに、さらっとかいてしまっていますが、デカールやステッカーを印刷する前段のデータ作成、これは相当厄介です。元になる画像を撮影するのにまず時間がかかりますし、それを加工し、サイズをあわせ・・・とやっていると何時間もかかるといったこともざらです。

ですので、バスモデル製作はやはりある程度の「根気」と「時間」がないと難しい趣味なのかな~と思ったりもします。でも、何より大切なのはバスに対する熱い思いと、実車に対する愛着かも知れません。これがないと、なかなか完成まで持ち込むのは難しいでしょう。私も、実車に対する愛着がモデル製作でよくわかることもあります。やはり愛着の薄い車両は、着手してから完成まで相当時間がかかります。それに対して好きな車はあっという間に完成します。好きな車のモデルは着手後、途中で他の作りかけのモデルを追い抜いて一気に仕上げてしまったりすることもよく有ります。

そんなことをしているせいで、現在わが家は仕掛品の山になってしまいました。この画像だけでも12台もの作りかけがならんでいますが、このほかにも基本塗装が終わったものが6台もありますので・・・合計18台を同時進行で作っているという常軌を逸した!?状況になってしまいました。


でも、どれもこれも好きで作っている車ですので、気合で完成には持ち込みます!(と宣言しておけば頑張れるかも・・・)早くサイトでご紹介できるようにしたいものです。

バスモデルと呼べるようなものがなかった、長い長い冬の時代にたまりにたまったものがいま一気に爆発しているのかもしれません。細かい作業の連続で、正直完成に持ち込むのは大変といえば大変なのですが、いじっているときには仕事の嫌なことなんかも忘れて、本当に楽しい気分になるから、不思議なもの。仕事から帰ってきて、完成したバスモデルたちを眺めるひと時、最高に贅沢な時間です。
[PR]

# by atbmodels | 2004-11-22 23:13 | そのほかバス関連